資料詳細

概要

ちくまプリマー新書
西洋美術とレイシズム
岡田/温司‖著
筑摩書房
2020/12
9784480683908

利用状況

詳細

配架場所コード
11 文庫・新書
分類記号1
702.099
著者記号 O
書名,巻次,叢書名 西洋美術とレイシズム ちくまプリマー新書
著者名 岡田/温司‖著
出版者 筑摩書房
出版年 2020.12
定価 1,000
ページ 185,6p
サイズ 18cm
ISBN1 9784480683908
注記 文献:巻末p1〜6
件名 キリスト教美術 : キリストキョウ/ビジュツ 人種差別 : ジンシュ/サベツ
内容紹介 聖書に登場する呪われた人、迫害された人を、西洋美術はどのように描いてきたか。2000年に及ぶ歴史の中で培われてきた人種差別のイメージをキリスト教美術から読み解く。
著者紹介 〈岡田/温司〉. 1954年広島県生まれ。京都大学大学院博士課程修了。同大学名誉教授。京都精華大学大学院特任教授。「モランディとその時代」で吉田秀和賞受賞。
内容細目1 はじめに
内容細目1 第Ⅰ章 呪われた息子-ハムとその運命
内容細目2 ノアの泥酔と呪われた息子ハム/祝福と呪い/褐色肌のハムの子孫とアフリカ/「奴隷」をめぐって/ノアの泥酔とキリストの受難/幼児イエスの「割礼」とノアの「去勢」/ミケランジェロの描くハム/イエスを苦しめる存在とは/「奴隷」の肖像/四大陸の寓意/搾取の「トロフィー」/「まだらの黒人」/ハムの呪いと奴隷制/近代科学とレイシズム/優生思想のなかのハム/現代に生きる「ハムの呪い」
内容細目1 第Ⅱ章 ハガルとイシュマエル-追放された母子
内容細目2 エジプトの女奴隷ハガル/ムスリムとしてのイシュマエル/イスラム教におけるアブラハム父子/ユダヤ人としてのハガル/オランダとイタリア/十六世紀のヴァリエーション/十七世紀における解釈と脚色/宗教改革のなかのハガル母子/ジプシーとしてのハガル/ポルノグラフィーとしてのハガル/対抗宗教改革のイタリア/黒人のハガル/イシュマエルと孤児たち/悲劇のヒロインとしてのハガル/オリエンタリズムのなかのハガル/さまざまなる近代のハガル
内容細目1 第Ⅲ章 賢者と聖人-キリスト教とレイシズムの諸相
内容細目2 シバの女王-「わたしは黒くて美しい」/黒いシバの女王/白く描かれたアフリカの女王たち/オリエンタリズムとシバの女王/三人のマギ/マギの黒人従者/黒人のマギの登場/イタリアの例/南米の先住民族のマギ/アンチキリストの礼拝?/バロックのマギ/エチオピアの宦官/黒人の聖人、マウリティウス/パレルモの黒人聖人/殉教の聖人たち/双生の兄弟の奇蹟
内容細目1 おわりに